健やかな状態なら肌に心地よく感じる風さえも、吹いただけでも患部に痛みを感じることから、付けられたのが痛風という名前です。体の中で症状が最も出やすいのは、足の親指付け根あたりであり、赤みが増して腫れて痛みも感じます。足指だけに限定したことではなく、足なら甲の部分や脚関節に起こることもありますし、手の関節や膝関節、アキレス腱のつけ根なども激痛を発症する可能性がある部位です。結論から言うと痛風を予防するためにも、水素をたっぷり含む水素水の摂取が役立ちます。新陳代謝およびエネルギー代謝が行われることで、体内ではプリン体がつくられますが、これは分解により出た燃えカスです。テレビCMやお酒などでも知られるようになったプリン体ですが、尿酸のことであり体の中では常に作られています。正常な量であれば問題はないものの、過剰になってしまうと関節に蓄積して、結晶化してしまうのがいけません。流れて排泄されることなく体内に居座りますし、結晶化の次に起こるのは炎症です。ひどくなるほど激痛を伴い、腫れの症状も穏やかではありません。突如襲ってくる不調と激痛ですが、過度の尿酸蓄積で招かれる痛風の辛さは、実際はかなり時間をかけて発症をします。およそ8年間ほど高い尿酸値を持続させてしまうと、激痛と腫れに悩む痛風を発症するためです。長い年月を経て出てくるのですから、逆を言えば痛風にならないように、予防として水素水を飲み始めるのは賢い対策になります。もちろんすでに痛風で悩みを抱える段階であっても、水素水を飲むことは害になることがありません。直接的に水素水が痛風を治すというよりも、周辺から健康体へ向かわせるアプローチになります。体質的に痛風になると、健康な人より体内では活性酸素の発生が盛んです。抗酸化力に恵まれた水素水をこまめに摂取する習慣により、全身の血流が改善されて活性酸素の除去につながります。痛風になる時にも、尿酸が体内で結晶化する際にも、活性酸素が加担しますので、その活性酸素を取り除くことのできる水素水は、痛風予防のためにも頼もしい味方です。