水素水とは、水素分子が含まれるガスを水に溶けさせたり、電気分解をして生成されたものを言います。
水素水は、工業や農業、健康、美容など、さまざまな目的で使われています。
水素水を飲むことで、健康に効果が期待できるとも言われています。

市販で売られている一般的な水素水は、水素の含有量が異なっており生成方法も各製造会社によって違うため、水素水の定義というものはありません。
水素水で健康や美容を目的とする治療を行っているクリニックなどでは、7.0ppmという量の水素を含んだ水素水を使っています。
この量は、水素水を使用した市場の中でも最高濃度とされています。
ちなみに、水素点滴なら1.0ppm、水素吸入なら濃度が4%の水素を使うので、それらと比較してみても、クリニックなどで使用される水素水の濃度は、群を抜いて高いということになります。

水素水には、健康効果をもたらすことが近年注目されています。
日々のストレスや乱れた食生活、喫煙などの習慣がある人は、身体の中で活性酸素が過剰に作られてしまう傾向があります。
活性酸素が身体の中で大量に作られそれらを放置しておくと、ガンや生活習慣病、老化の促進などを引き起こす原因となってしまいます。

活性酸素は、本来、外界から身体の中に入ってきたウイルスや細菌などをやっつけ、身体がそれらによって病気になるのを防いでくれます。

しかし、先ほども言ったように、活性酸素が過剰に作られてしまうと、身体を守るどころが危険な病気を引き起こしてしまうことになります。

そして水素水は、この体内で過剰に作られた活性酸素を減らす働きがあることがマウスを使った実験でわかっています。
その実験は、強いストレスにさらされたマウスに水素水を飲ませることで、ストレスによって変形してしまった脳細胞が少なくなったという結果が出たというものです。

この実験によって、水素水は身体の中にある過剰に作られた活性酸素を減らし、ガンやその他の危険な病気を防ぐということがわかっています。