明確な効果や値段の決まりが無い

市販の水素水のメリットですが、値段の決まりが無いが故、期間限定でサービス価格にて提供することが容易でセールを頻繁に行うことも可能で周囲の水素水の値段が減少すれば、市販の水素水も同様に値段が下がるという利点があります。これは水素水における値段の規定が無いゆえに水素水を販売している企業は何円で水素水を販売してもいいということです。その為、人気が廃れたり、人気が再浮上した場合においては値段を自由に設定しうることが出来るというのが企業側の利点です。しかしながらデメリットとしてはこの部分がデメリットとなりえる部分で、価格が自由に定まるが故人気が無くなる、または効果が疑問視され始めると価格が急激に低下することです。他にもデメリットとしては、水素水自体に明確な効果を定める規定がないが故、水素水を飲むことで得られる効能について偽りがあることが最大のデメリットになります。これは、単純に言いますと、水素水はただの水ではないかということが一時期話題となり、価格が低下する要因になったことがあります。これは、水素水の濃度が薄い場合、ただの水と変わらない製品であるため、飲む価値が無いと専門家の方が意見したため効果が期待できない物であるとされたのです。現状を見ても濃度が濃いものを飲んで健康にプラスとなるかに潰えは現段階ではいまだ判明しておらず、とりあえず研究の成果としては何かわからないが活性酸素を抑制した、細胞の悪い部分に水素が浸透し除去したという程度の研究結果しかなく、言ってみればどの程度の濃度で水素水を作っても何が起こるかわからない物を引用しているというのがデメリットとなっています。これらのメリットとデメリットを考えて市販の水素水を判断すると、流行により価格が安くなったり高くなったりする点は企業側のメリットとなり、購入者側のメリットとしても働く点が挙げられ、デメリットについては効果についてはっきりと分からない物を引用していると結論付けます。