水素水は何故健康に良いとされるのか

水素水に含まれている水素には、アンチエイジングに関する様々な作用があるといわれ注目を集めています。しかし、具体的にはどのような効果が期待できるかよく良く分からない人もいるでしょう。水素水の最大の効果を一言で表せば、優れた抗酸化作用が期待できるということです。具体的には老化や病気の原因となる活性酸素を除去する働きがあるという点が、水素水に含まれる水素が有する最大の効果といえます。
活性酸素とは、他の物質を酸化させる力が非常に強い酸素のことです。活性酸素には善玉と悪玉の2種類があり、善玉の活性酸素は体外から侵入する異物(細菌やウィルスなど)から体を守ってくれる働きをします。一方悪玉の活性酸素は、体内にある細胞を攻撃して老化や病気を引き起こすものです。例えば血液中に悪玉コレステロールが増加すると、それに悪玉の活性酸素が結びついて酸化された悪玉コレステロールへと変化します。それが血管壁に入り込むと、白血球の一種であるマクロファージが取りこんで泡沫細胞が生成されます。泡沫細胞が増えることで、血管壁に付着し血液の流れを滞らせてしまいます。その結果、動脈硬化が生じてしまうことがあります。
動脈硬化を抑えるためには、酸化された悪玉コレステロールを抑える必要があります。水素には活性酸素と結びついて、その強い酸化力を抑える作用があります。すると、酸化された悪玉コレステロールが増えることを防ぎ、結果として血液の流れが滞るのを防ぐことが期待できます。それ故に動脈硬化や脳卒中などの疾患を予防できると考えられています。
また、ストレスを感じることで、脳の活動が低下して記憶力の低下につながることがあります。これにも活性酸素が関わっているといわれています。そこで水素水を服用することで、活性酸素の働きを抑制して、脳活動の低下を予防させることが期待されています。定期的に水素水を摂取することで、脳の活動を維持していくと良いかもしれませんね。